ご縁が繋ぐスクールコンサート

澄み渡る青空・・・薩摩川内にある中学校。 きょうの6時限目は、チェリストYoshiの特別事業である。                     今回は、芸術鑑賞です 全校生徒、およそ570人の前に笑顔で現れたYoshi先生の姿・・・ 次々と奏でられるサウンドと、その奏法にくぎ付けになる。 …

続きを読むread more

heart

晴れ渡る空・・・風に乗って雲の流れが速い。 今朝の事・・ いつもの庭に、満開になった紫陽花。 ベースは紫が殆どであるが、 その中に、ハートの形をして、白く咲いたのをみつけた 本来ならば、丸く咲くのであろうが・・ 自然のいたずらか・・こんな愛らしい形となって、観る者をなごませる。 …

続きを読むread more

穏やかな日々

雨上がり・・・街全体が霞に覆われた一日。 夕暮れ時、初めて訪れる居酒屋で 懐かしい旅の思い出に話がはずむ・・・ 笑顔・・また笑顔の御夫妻。 この町で、長年市長をお勤めになられていた人・・ あの頃より、少し、ふっくらとした表情で 美味しそうにグラスを傾けている。 以前、取材で随分御世話になった。 …

続きを読むread more

YPO決起会

久しぶりの恵みの雨・・・ 日付変わると、随分激しく音をたてて降っている。 先週末・・・ Kashioさん出演のステージに駈けつけた前夜は、 異色の吹奏楽団YPOが集結。 秋のコンサートのための、第一回目の決起会が開催された。 およそ半年ぶりに交わすグラスの音が、とっても暖かい。 …

続きを読むread more

カッシーに遇いたくて

夕焼け空のもと・・・仲間たちの待つホールへ向かう・・ 18時半から開演の予定が、少し押しているという。 おかげで、最初からステージを見ることができた。 呑んだれティ1周年を祝う日・・・ 鹿児島出身のプロアーチストが集結してのライブは、 大河篤姫の作曲家として、あまりに有名になったリョウ氏や、 著名べーシスト、…

続きを読むread more

スズメとツバメの事情

穏やかに晴れ渡る空・・・ツバメもスズメも、子育てに余念がない。 ツバメが低空飛行すると、雨になり・・ 軒下に巣を作ると、その家は栄える。 ツバメは夏に活躍するが、 スズメは、年がら年中、民家に無断でのほほんと暮らす。 さて・・ たまには、お釈迦様にまつわるお話しを記しておこう。 お釈迦さ…

続きを読むread more

こんぺいろーず

お天気続きだったゴールデンウィーク・・・ その終わりを待つかのように降りだした雨は、 ホコリも砂も、ついでに灰も洗い流してくれた。 たった一日だけの恵みの雨だったが、 おかげで、今日は気持ちのよろしい日和となった。 所用を済ませ、 離れの前にある小さな花畑を眺めてみる・・・ 去年の初夏、 …

続きを読むread more

眠れぬ夜を越えて・・・

眠れぬ夜を過ごした昨夜・・・  いや、厳密に申せば、一昨夜・・・ 夕暮れの突然の雷雨。 ふらりと立ち寄ったファストフード店。 雨上がり、キリの峠道をノコノコと帰宅。 空を見ると、見えるはずのお月さまが何処にもいない。 雲が晴れるまで、ニーチェを読みふけり・・・ 時おりまた、空を眺める。 …

続きを読むread more

そっと優しく

月明かりの夕暮れ、どこにでもあるようなファミレス・・ 丁度、夕食時と重なる店内は、多くのグループでにぎわっている。 片隅のテーブルに陣取り、久しぶりの再会に、話がはずむ。 遠い町から、何百キロも車を走らせてやって来てくれた友人。 よく、久々の再会といえば 「あれからどうしていたの?」なんていう会話になり…

続きを読むread more

企画外

冬を思わせる空・・・もう春なんだけど・・ 寒い寒いと、ブツブツ、異議申し立てをしながら庭へ出ると、 薔薇の花が沢山のつぼみをつけている。 毎年記事にしている感があるが・・ 亡き人が、生前、丹精込めて育てていた薔薇。 たった一本の薔薇の木に、今年もすでに10輪ほどの花の気配。 一つの枝に、2本3本と…

続きを読むread more

優美な出会い

窓を叩き続けたような昨夜の雨・・ 星月夜もヨロシイが、雨音を聞きながら過ごす夜もなかなかオツなものだ。 おかげで、花粉もホコリも綺麗に流れ、新緑の映える一日となった。 いささか眠不足の眼のまま、峠道を越え きものプロデューサー小糸伸輔氏が主催する、京都四條家展の会場にお邪魔した。 仕事柄、いろんなお付き合いをさ…

続きを読むread more

優しい仲間たちに・・・

過日のこと、所属する団体の公開講演会を開催。   多くの皆様がご参加下さった。 この日、いつものようにMCを仰せつかり、講演会、新年度総会、そして懇親会という長丁場。 MCといえば、本来なら、食することも無駄話をする暇もないのであるが、 そこは、メンバーの一員として、自由に泳ぎ回ることが出来る。 というわけで…

続きを読むread more

チャルダッシュの君

冬の再来のような一日・・・予報では晴れのハズが、一時的に雨も落ちていた。 随分寒暖の差が激しいものだ。 外は今、嵐のように風が吹き荒れているが・・ 空には大粒の星が綺麗に見えているゆえ、明日はきっと晴天だろう・・多分・・。 今宵は、ヒーターでお部屋を温めながら書くことにしよう。 さて…

続きを読むread more

庭に目をやれば・・

毎週土曜日は、頑固親父の法要の日。 きょうはすでに4七日である。 昨日の、音を立てて降る大雨が、うそのように晴れ渡る青空の下、 生前、父が足しげく通っていた本堂にお邪魔して、 若先生の初々しい読経が流れる中で、お参りを済ませた。 雨が好きではなかった父が、おひさまを連れてくるのかも知れないと思いながら 我が家の…

続きを読むread more

タンタンの誕生日

朝から雨がおちて、少しだけ肌寒い一日・・・ 両手首のギブスを見て、皆さまが優しくしてくださる。 弱者に優しいこの国に暮らせることに感謝である。 優しいといえば、我が友人たちは皆優しいが その中でも、ふたりそろって気の利いた、ぶーまっくす夫妻。 ぶー殿の細君で、働き者のタンタンが、本日めでたく誕生日をむかえた。 …

続きを読むread more

美しき原則

毎週、お寺に詣でる土曜日は晴れ・・・天の粋な計らいか・・・それとも父の導きなのか・・。 随分前から気になっていた両手首の痛みであるが・・ 先日、あまりの痛さに耐えかねて、お医者を訪ねた。 「ケンショウ炎デスな」 「骨は折れてないですか?」 「大丈夫! 折れてないよ」 というわけで、折れてないと解っ…

続きを読むread more

約束

花冷えの続く南さつま・・・   午前11時頃にまんまるくなり、夕方から見えるお月さまは すでに、欠け始めている。 今年になって、4回目の満月の日 1回目の満月は、元日だったが・・・ 父の回復を祈り、涙をこらえながら迎えた新年の夜だった。 次に見たのは、相棒ネネが手術を受けた後、歩けなくなり 凍り…

続きを読むread more

バンマスの誕生日

花冷えの一日。  頑固親父のメルセデスに乗り込み、峠道をノコノコと走る・・ 桜のトンネルがとっても美しく 思わず、綺麗だねぇとつぶやく。 日曜日は、あちこちで、花見の団体に遭遇した。 人と語り合い、美味しいお酒をいただき、バーベキューに興じる。 それが、どんな目的であろうとも 春の始まりに…

続きを読むread more

新たなご縁

雨上がり・・・お昼の空に浮かぶお月さま・・久しぶりに、空を見上げた気がする。 昨日の強風にも耐えた桜がとっても美しい。 私の母の事を心配したのか・・・ 高校生の甥っ子は、朝のうちから、おばあちゃんの家で宿題をしながら、 今も続く弔問客に丁寧にお茶をお出ししていた。 とっても優しい子だ。 夕方、所用…

続きを読むread more

灯りの下で思う

春を迎えるための寒の戻り・・・ホントに冬のような寒さである。 随分昔、父にねだって買ってもらった、ろうそく型のブラケット。 今でも、私の使っていた部屋に残されていて、 私が養女に出た後は、よくこの灯りの下で、父はいろんな書き物をしていたらしい。 今日も、そんな父の姿を思いながら、 この灯りの下で…

続きを読むread more